1週間無利息キャッシング「ノーローン」


ノーローン

1週間無利息キャッシングの「ノーローン」

なんどでも1週間無利息なのはノーローンだけ!!』のノーローンです。


皆さまもご存知の通り、「銀行系グループ」のカードが人気の高い1枚ですよね。

新生銀行の連結子会社のシンキ株式会社が提供する『ノーローン』は、そんな「銀行系の安心感」と「なんどでも1週間無利息」の2大ポイントが好評のカードローン!

さらに「ご利用しやすい金利9.5%から18.0%」だから、ボーナス前の「ちょっと必要」にピッタリの1枚なんです! 
 
その他にも全国47,000台以上の提携CD・ATMネットワークでご融資・ご返済ができたり、「リアルタイム取引」で24時間パソコン・ケータイからお取引ができるなど、便利なポイントがノーローンにはたくさんあります!
 

→

モビット

モビット
三菱東京UFJ銀行系 モビット

モビットの特長

■安心 三菱東京UFJ銀行系
■おトク 年利9.8%~18.0%
■頼れる 限度額最高300万円
■返済方法自由に選択 ATM返済・振込返済・口座振替
■ネット申込→【すぐモビ】で当日中にカード受け取り可能
  ※関東・関西・東海地区および福岡に設置

→

初回30日間無利息キャンペーン

ついに【なんどでも1週間無利息】の『ノーローン』が、初回30日間無利息キャンペーンを開始しました!                  
キャンペーン期間中に『ノーローン』をはじめて契約したお客さまが対象で、初回の借入を【30日間無利息】で利用できる入会キャンペーンです。

契約の翌日からではなく、初めての借入の翌日から30日間無利息がスタートしますので、いざという時のためにお申込をしておいて、 必要な時に30日間無利息でご利用いただけます(*^^*)

4ヶ月間の期間限定キャンペーンとなりますのでこのチャンスをお見逃しなく!!



DCキャッシュワンとアコムが統合へ

MUFGは傘下のDCキャッシュワンとアコムを経営統合する方針。グループ内の消費者金融事業をアコムに集約する考え。

DCキャッシュワンは三菱UFJが45%出資し、6月末の貸付残高は798億円。モビットやアットローンに比べ伸び悩んでいた。


上場消費者金融で初の破綻

東京証券取引所一部上場の消費者金融会社「クレディア」が東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は757億円で、利息の返還請求で財務が悪化し、ついに資金繰りに行き詰まった模様。

設立は1957年、店頭公開は1995年、一部上場は1999年でした。静岡に本社を置き、従業員は約550人、8月末の貸付残高は約870億円で業界16位の会社です。業界6位のGEコンシューマー・ファイナンスが売りに出され、16位のクレディアが破綻と業界内に淘汰の風が吹いています。

楽天カードなら、 楽天市場での獲得ポイントが『いつでも通常の2倍』入会金無し、年会費永年無料

→

レイク売却へ

「レイク」の愛称で営業する消費者金融大手GEコンシューマー・ファイナンスを、親会社の米ゼネラル・エレクトリックが売却することが発表されました。

これは利用者からの利息返還請求が相次ぎ収益が悪化、2009年末にも規制強化があるので、日本での消費者金融事業に見切りをつける形です。

→

グレーゾーン金利 過払い金返還、利息も対象

利息制限法の上限金利を越えるグレーゾーン金利で生じた過払い金を返還する際に、消費者金融会社は過払い金の利息を支払うべきだという最高裁の初判断が出ている。

最高裁第二小法廷によれば、「業者はみなし弁済が適用されず、過払い金が生じれば不当利得として借り主に返還すべきものであると十分認識しているというべきだ」と判断した。

その上で、業者が不当利得と認識して過払い金を受け取っていれば、過払い発生時点から年5%の利息を付ける義務があるということである。

→

消費者金融 融資残高7000億円減

消費者金融業界の2007年度の融資残高は一段と減る見通しで、大手5社の2008年3月期の残高は業界推計で前年同期比で7000億円ほど減少する。

これは貸金業法の改正を受け、無担保ローンの審査を厳しくしていることを如実に表している。

つまり各社とも、貸出金利が低くても貸し倒れリスクがより小さい借り手に絞って融資をすすめているためだ。信用度の低い個人にとっては、ますます借りにくい状況になってきている。

消費者金融各社は、年収、勤続年数、配偶者の有無、持ち家か賃貸かなど、チェックして融資の可否を判断している。改正貸金業法で、貸出額を年収の3分の1に抑える総額規制も導入される。

他社からの借り入れが3社までなら融資していた業者でも、2社でも貸しにくい状況だといいます。


[PR] クレジットカードの手帖
ポイント、マイレージ、サービスで選ぶ!知って得するクレジットカード活用術!


キャッシング利用額、9%減・7カ月連続減

日本クレジット産業協会によると、2007年2月のキャッシング利用額は、
前年同月比9.1%減の3976億円だった。

7カ月連続で前年実績を下回り、減少幅は前月より3.5ポイント拡大した。

おそらく、貸金業法の改正で貸付上限金利が年15―20%に下がるのを受け、

カード各社が融資審査を厳しくした結果、利用額減少につながっているのだろう。

アコムが上限金利を引き下げ。実質年率18%を上限に。

アコムが、6月18日から、上限金利を引き下げます。
新規の契約に対して、現行の上限 27.375%が18.000%になります。

すべての商品の金利を18%以下に引き下げるのは、アコムが初めて。

貸出上限金利の引き下げに関するお知らせ(PDF)


→

消費者金融 赤字1兆円超

大手消費者金融会社の2007年7月決算は、最終赤字額が4社で合計1兆円を超える見通しだ。

消費者金融大手の連結最終損益は、武富士が3,338億円、アコムが2,573億円、アイフルが1,854億円、プロミスが1,541億円の赤字を予想しているが、これより数百億~一千億円程度は膨らむ模様。

金利規制の強化で「過払い金」の返還請求が急増し、引当金を積み増していることが響いている。


→

レイク 有人店舗6割閉鎖へ 400人規模の希望退職も募る

GEコンシューマー・ファイナンスは、
消費者金融事業「レイク」の有人店舗115店舗のうち
約6割にあたる73店舗を今年中に閉鎖する。


→

貸金業法改正で取り立てがゆるくなる?

米ゼネラル・エレクトリック(GE)系の消費者金融大手で「ほのぼのレイク」で知られるGEコンシューマー・ファイナンスが抜本的なリストラを進めている。

それによると、希望退職者や店舗閉鎖だけでなく、訪問回収の廃止を打ち出しています。


→

キャッシングの審査が厳しくなっている

日本クレジット産業協会の発表によると、2006年12月のキャッシング利用額は、
前年同月比3.8%減の3,853億円でした。

→

悪質な貸金業者の情報

キャッシングを利用する際には、悪説な業者から借り入れしないよう注意しましょう。

無登録でありながら架空の登録番号や別の登録業者の登録番号を詐称したり、実在する会社名や類似の会社名を使用して、貸付けや債権回収に関する勧誘広告等を行っている業者があります。

金融庁や財務局が悪質な金融業者の一覧を公表しています。


→
サイト内検索
何度でも無利息